シニアの日々

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫婦どちらかが1人になったとき

どちらかが1人になった後のことを考えた。

真剣にかつ詳細に取り組むことが大切と思った。


とにかく家では最期を迎えない。

病院がいい。病院は最期を迎えられる設備が整っている。

その後の処置や手続きなど家ではとても大変だからだ。


ウチは今のところ共に掛かり付けの病院がない。

病気で医者にかかることがないから。

あるとしても歯医者ぐらい。

でも終わりがいつなのか分からない。

その時に慌てないよう準備が大切。


年を取って終わっていくことは 幸せなことだと思っている。

ただし誰にも迷惑を掛けないことが原則。

2人から1人になったときの方が大変だ。


ボツイチ(独りぼっち)になった そのとき

その後の過ごし方を考える。

 ボツイチの我が家の暮らしの手引書を作ることにした。

朝起きてから夜寝るまで。

どちらかが残していった物の整理。

整理の仕方や処分の仕方。

精神的に落ち込んだ時の対処方法。


だが… 現実は… どうなるのかと… (;_;)



my art 








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。